「横長ナンバー」に
「パブリックコメント」相次ぐ
国交省困惑「大半が否定的」


車のナンバープレート変更を
検討している国交省が、
EU諸国のように「横長」に
デザインした写真を公開したところ、
異論を唱える声が相次いでいる

国交省は、
「横長と決めたわけではない」
と困惑している様子だ

最近は、「富士山」のように、
ご当地の名前を入れたナンバーに
引き合いが多い

また、4ケタの数字に対する希望も
多く、抽選となるケースが出ている

こうした状況を踏まえ、
国交省では、2011年10月から
形や表示方法などの変更に向けて
根本的な検討を始めた

そして、有識者会議の
「ナンバープレートのあり方に
関する懇談会」で12年3月26日に
中間とりまとめを行い、それを公表した

もし変更されれば、
1955年以降では初めての
フルモデルチェンジになる

そこで公開されたプレート案の
写真を見ると、最初に「江戸」
といったご当地ナンバーが出てくる

品川ナンバーは、
東京のイニシャルを取って
「TK」にしてある

車の用途・車種を示す3ケタの番号は、
4ケタの希望ナンバーとの
組み合わせを増やすため、
下2ケタにアルファベットを使った

その結果、
「江戸 TK 3AP-さ-4249」
といった横長にデザインされている

色については、プレート案では、
白地に緑の字だった

このほか、
自由の女神を入れた
米ニューヨークのプレートのように、
図柄を表示することも検討している

ところが、この案が報道されると、
ネット上で異論が相次いだ

ヤフー・ニュースの意識調査でも、
5万票ほどが集まり、
4月3日夕時点で5割が横長に反対し、
賛成は3割強に留まっている

国交省では、3月26日からメール、
FAX、郵送の3つの方法で、
パブリックコメントの募集を始めた

期限は4月24日までだが、
そこにもコメントが
殺到しているというのだ

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-127712/1.htm

http://news.nifty.com/cms_image/news/headline/jcast-127712/thumb-jcast-127712-headline.jpg





























そもそもどういう必要性から
ナンバーを変えようと思ったんだ?
いろいろ金かかるだろ



おわり