スマートフォンの普及率は
2009年には1%だったが、
この3年間で36%に達していることが、
電通の調べで明らかになった

この1年間に最も大きく伸びたのは、
昨年まで7%しかなかった男女10代

ともに今年の利用率は30%を超えた

この結果について、
電通は
「『社会人になったら
スマホデビュー』はすでに古い
認識になりつつあるようだ」としている

スマホを使い始めて
「ケータイのころより生活が
楽しくなった」という人は89%

「『スマホで充実生活=スマ充』
なユーザーが9割にも達している
ことが分かった」(電通)

また
「スマ充」を感じさせる
要因を聞いたところ、
ケータイ利用者に比べて
「フルブラウザ」
「SNS・ミニブログ」
「動画共有サービス」などを、
格段に利用している人が多い
年代別でみると、
特に女性10〜20代の
スマホ利用者は
「フルブラウザ」
「SNS・ミニブログ」
「動画共有サービス」の
利用率が他の年代よりも多かった

スマホを利用することによって
増えたことは何だろうか

「(ケータイのころは)
出会うことのなかった情報との接触」
「付き合うことのなかった人との交流」
が40%を超えた

中でも10代で
「出会うことのなかった情報と接触」
と答えたのは80%を超え、
「友人・知人との交流」
「付き合うことのなかった人
との交流」を挙げた人も目立った

電通では
「スマホを利用し始めた若者は
メールよりもSNS・ミニブログを
使った友人、知人との交流を得意とし、
そこを通じて
『リンク先にある面白いネタ』
といった情報に接触していることが
うかがえる」と分析した

インターネットによる調査で、
関東圏に住む15〜49歳の
男女1000人
(うちスマホユーザーは358人)が
回答した
調査時期は1月
 http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/29/news076.html































movaが34万人いるらしいけど
どうするんだろ




おわり